Oasisの4つの土台 ― オアシスのコンセプト

効果的で楽しい親子レッスン

Classroom Photos

Oasisの4つの土台 ― オアシスのコンセプト

オアシスの子どもたちは皆頑張っており、大変嬉しく思います。英検Jr,英検等各種試験に挑戦する子どもたちが増え、ますます身の引き締まる思いです。オアシスは所謂“英語塾”ではなく英会話スクールですが、聞く、読む、話す、書く、の4技能をすべて身につけられるよう、カリキュラムを改善していく所存です。

オアシスでは、“目標”、“動機付け”、”監督“、“評価”の4つを教育の基本と考えています。

1.目標

何かを成し遂げるためには、適切な目標を設定し、努力し続けることが必要です。

オアシスの究極の目標は、子どもが小さく頭が柔らかいうちに、勉強の習慣を身につけることです。 将来、より良い大人になり成功を得るには、勉強の習慣は不可欠だからです。語学は毎日継続的に勉強することが必要なので、勉強の習慣をつけるには最適なのです。

オアシスでは、英会話教育を通して、ネイティブレベルの読解力を得られるようにしたいと考えています。英語力を評価する方法は様々ですが、オアシスでは、小学生のうちに英検3級程度、中学生のうちに準2級程度の能力を獲得することを目標にしています。

これらの目標を達成するに、毎日英語を聞く、読む、を繰り返し、自分の能力を客観的に把握するため、定期的に試験を受けることをお薦めしています。

2.動機付け

子どもの能力を高めるには、周りの大人が適切に動機づけを行うことが最も効果的です。オアシスでは、音読カード、Reader of the Month表彰等の動機づけを用いて、子どもが継続的に英語に触れる環境を提供し、努力を評価するシステムを提供しています。

3.監督

勉強の習慣がついているか、宿題、本の音読等、すべきことを子どもがきちんと行っているか、監督 する責任は大人にあります。オアシスでは、上述の動機づけを評価するため、個々のReadingのレベルの進捗状況、課題の本の消化状況(聞く、読む、音読)をモニターしています。本の音読を録音した生徒さんには、定期的にフィードバックを行っています。

4.評価

オアシスでは、個々の宿題の提出状況や本の音読の進捗状況と、各種試験の成績との関連性をモニターしています。また、中学生以上のクラスでは、学校の成績も参考にしています。

努力を重ねた生徒さんの実績は以下の通りです。

英検 1級(中3、帰国生)、 準1級(中2)、 2級(小6、帰国生)、 準2級(小6、帰国生)、 3級(小3)

4級(小2)、 5級(小1)

目標を達成するには努力する必要があることを、きちんと理解し実行できる子どもに育ってほしいと願っています。オアシスが少しでも力になれたらと願います。

Oasis English Olympics 2018  Video 1

英検の結果

英検2018年度 第1回 結果 (2018年6月1次試験、7月2次試験)

2次試験全員合格しました!

準1級1名(中1)  2級1名(高3)  準2級2名(小5、中2) 

3級6名(小2、小4、小5(2名)中2(作文満点)、中3)  

4級3名(小2、小6、中1)

英検2017年度 第3回 結果(2018年1月1次試験、2月2次試験)

以下の生徒さんが合格しました。初めて挑戦した小学4年生3級合格しました!。

2次試験全員合格しました!

1級1名(高1) 2級1名(中1)  準2級1名(中2)  3級3名(小4、小5、小5)

4級5名(小2、小3、小4、中1、中1、)     5級4名(小1、小4、小6、小6)

**************

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。